L-BOXで広がる夢 10㎡の有効活用 設置もスピーディーで駐車場や極小地の有効活用

L-BOX

  • L-BOXを借りたい方
  • 土地を貸したい方

よくある質問

本体の仕様について
本体構造は鉄構造(金属造・軽量鉄骨作り)で、骨組はラーメン構造となります。
※詳細はタイプ別表を参照 L-BOX仕様へ
安全性について
メーカー(昭和ハウス工業)により、構造計算をしております。タイプ別表に記載した商品であれば、設置をしても転倒や横滑り等が無いように設計(風速、積雪、地震等を考慮)しておりますが、地域によっては別途対策が必要なケースもございます。
(積雪が50cmを越える地域 または 風速36mを超える地域では、特別仕様となります)
製造物責任法(PL法)
2012年4月1日より対応しており、PL保険も加入済みです。
保証期間について
保証期間については、構造部分(柱、壁や屋根など構造物として位置付けたもの)で5年、仕上げ部分で2年となります。(保証書あり)
瑕疵担保責任について
L-BOX本体については、メーカー(昭和ハウス工業)にて対応いたします。また、保証の範囲については、民間建築工事に使用する契約書内(四会連合)で定められている瑕疵の内容に準じます。
減価償却について
メーカー(昭和ハウス工業)が依頼した税理士事務所によると、簡易建物扱いで7年を主張できる要件を備えているとの見解です。※あくまでも、各納税義務者の個別申請によります。
建築確認申請について
L-BOXは確認申請に対応した商品です。「防火地域、準防火地域」での設置や、複数のL-BOXの設置、新築で設置する場合には、確認申請が必要となります。
なお「法22条地域」で、且つ同一敷地内に既存の建物があり、L-BOXが増築扱いになる場合には、確認申請手続きは不要となります。※ただし、消防関係法令上の問題については、別途検討する必要がございます。
本体工事・別途工事の費用について
本体価格の費用については、オープン価格となります。
なお、別途工事(確認申請費用、一次側給排水設備、一次側電気設備、運送費等)については、現地の状況により金額が異なるため、その都度のお見積りとなります。
※本体価格と運送参考費は別紙にてお問い合わせ下さい。
防犯対策について
開口部のガラスに防犯フィルム(オプション)を貼れば、防犯性能は格段に上がります。
無人の状態でも、内外部のLED照明を施し、常に点灯させれば、広告を照らす外灯の役目も果たしますので、人目につきやすいものになると思われます。
発注から設置までの期間について
製造工場にストックがない場合、発注を受けてから設置までは1ヶ月半(最大2ヶ月)の期間を要します。
お問い合せはこちらから